禁煙時やタバコを吸えない時によくニコチンが欲しいと訴える喫煙者がいますが、ニコチンは毒です。例えば硫酸ニコチンは農薬にも使われていたことがあるほどの猛毒です。煙草に含まれているニコチンは硫酸ニコチンに比べれば毒性は低いですが、それでも硫酸ニコチンと同様に体にとっては有害なものです。ニコチンは体に取り込まれると脳の受容体へ作用します。ニコチンが作用した受容体は中毒を起こし、ニコチンがなくなると体をイライラさせたり、怒りっぽくさせるなどの症状を起こしてしまいます。そのため、禁煙時や吸えない時には中毒症状が出てしまうのです。しかし、煙草の吸い過ぎは咳やタンを出したり、体力が落ちたりと体にとって良いことはありません。禁煙は健康のために是非とも行いたいものです。しかし、咳がつらくてもニコチン中毒の症状の方がもっと辛いという方も多いようです。その場合にはニコレットなどのニコチンを主成分とした補助薬品を利用することが効果的です。ニコレットを利用した禁煙は本数を徐々に減らす方法を取ります。本数が減ることで中毒が怒りますがニコレットによるニコチンが作用して中毒を抑えられます。また、煙草が生活習慣になっている場合でもニコレットはガム状なのでタバコを吸うことからガムを噛むへと習慣を変えることで対応可能です。禁煙やタバコの本数を減らすことで徐々に体が正常に戻っていきます。体が正常に戻れば咳も出ませんし、食事も美味しく感じられるのですが、この時、ニコチンがなくても中毒を起こさない体へと変化すると言われています。ニコレットは一生使わないといけないと考える方が多いですが、体が健康になればニコレットが不要という方が多いので安心して禁煙を続けられます