歯科クリニックへ行った際に歯科医からたばこをやめるようにアドバイスをされたという経験を持つ方は少なくないです。それだけたばこは口内の健康にとって害になるという事ですが、例えばたばこを吸っていると虫歯になるリスクが高まります。
喫煙者の場合ですとたばこの影響で血流が悪くなっている傾向がありますので、それによって唾液の分泌量が少なくなっているのですが、唾液には殺菌作用があります。その為、口内に沢山分泌される事が大切とされていますが、しかし唾液の少ない喫煙者は殺菌能力が低くなっていますので、それによって虫歯にかかり易くなってしまうのです。
他にもたばこは歯周病のリスクも高めてしまう原因になります。歯周病は虫歯以上に厄介な存在です。症状が進行するまで気付かない事もありますので、静かなる病気と言われているほどです。そして症状に気付いた時にはすでに手遅れであり、殆どの歯科医が治せず最終的に抜歯しか道が残されていない事もあります。
このようなリスクがあるゆえに歯科医は警鐘を鳴らしているのですが、本格的に禁煙を検討している時にはニコレットが役立ってくれるかもしれません。禁煙をしている時には離脱症状が発生しますが、離脱症状は時に非常に辛く、強い頭痛や強烈な眠気などを引き起こす事があるのです。これはニコチンが不足しているゆえに発生しますが、ニコチンを含んでいるニコレットを利用する事で症状が軽減される事もあります。
禁煙を成功に導き易くさせてくれる有効性のある補助剤ですので活用してみると良いでしょう。実際にニコレットを利用された方の中にはしっかりとたばこをやめられた方も多いと言われていますので、効果に期待する事ができる頼れる存在と言えます。