煙草がやめられない理由としては、煙草にニコチンが含まれていることが大きく影響しています。ニコチンは脳に対して快感を与える物質であり、その快感からやめられないというものです。この依存性が煙草をやめられない理由ですが、煙草の場合には確固たる意思があれば辞めることができるのがほかの依存と異なるところです。
しかし、実際には重度のニコチン中毒になっている場合には煙草をやめるとイライラや集中力が落ちるといった症状があり、そのため禁煙を成功させるには、ニコレットなどの禁煙補助剤を使ってニコチンの依存度を減らすのが効果的です。ニコレットは、煙草をやめたい人向けに開発された補助剤で、ガムのように噛むことで低用量のニコチンを摂取するというものです。低用量のニコチンをゆっくりと噛むことで摂取することで、身体から中毒症状を減らす最終的に禁煙するというものになります。
一方で禁煙すると太るとよく言われますが、これは煙草をやめたことが直接の原因ではなく、煙草をやめたことによって口元の寂しさから間食が増えたり、食事がおいしくなり食べ過ぎるためと言われています。多くの場合、禁煙で太るケースが多いため、禁煙をするさいには運動療法や食事療法などを取り入れて行うのが無難です。
また太るのを少しでも軽減させるために漢方を取り入れるのも効果的です。漢方には肥満症向けの薬があり、それらを飲むことで身体に余分に吸収されるのを防いでくれるメリットがあります。ニコレットはあくまでもニコチンの低用量による摂取が目的ですので、漢方などの肥満症向けの薬を併用しても問題がないので安心です。また口元が寂しい場合には高カロリーのものではなく低カロリーの飴などを用意することで、太るのを軽減することができます。